一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

一般社団法人の設立時期について悩んでおります。

これまで任意団体では8月決算、9月定期総会開催で進めておりました(外国での年度替わりに合わせています)。

一般社団法人に移行したい旨、8月までに会員に告知。
9月の定期総会において一般社団法人として設立する旨承認(それまでの団体をそのまま法人へ)してもらう。
そして、それから9月中に法人設立の手続きを行う(2週間程度で設立とのことですが)。

それともあらかじめ設立しておいて、8月までに会員に告知。
9月の定期総会の日より、法人として活動する。
この場合、任意団体は「解散」し、残余財産は定款に記載(団体に寄付する)のとおりとしなければならないのでしょうか。

以前質問させていただきましたが、非営利を徹底させる予定です。

設立する一般社団法人が非営利型法人の条件を満たすならば、どちらの方法でも構わないと思いますが、特に理由がなければ、前者の方法(法人成り)が自然で良いのではないかと考えます。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com