一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

法定退社と除名の違いについて
法定退社=退社の要件が解消すれば戻れる。
除名=永久追放
この解釈で良いでしょうか?

一般社団法人において、ガバナンスが及ばない任意団体に加入することを条件に会員とする規定は有効でしょうか。
また、この規定に反することを理由に退社決議や除名は可能でしょうか?

退社と除名のいずれも、社員として戻れるかそれとも永久追放なのかは、法人側の定款や規則等で任意に定めることができます。

退社と除名の違いは、法や定款に定められれた条件(退社事由)に該当すれば「自動的に」社員の資格が失われるのが退社、社員総会における特別決議がなければ社員の資格を失わせることができないのが除名という感じになろうかと存じます。

一般社団法人は、社員になるための条件を任意に定めることができますので、他の任意団体への加入を入社の条件とされても、特に問題はございません。
また、その任意団体から脱退したことを退社や除名の事由とされることも可能です。(なお、退社事由として定款に定めれば、任意団体から脱退した時点で「自動的に」社員の資格も失われることとなります。)

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com