一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

設立時役員を記名していない定款案を公証人役場で事前確認してもらった後で、設立時社員総会で設立時役員を選任して、その後で定款認証を受けることも可能でしょうか。
本サイトでは、定款認証を受けた後で設立時社員総会で役員の選任を行うことと説明されていますが、設立時社員総会で定款案と役員選任の決議を同時に行うことができれば、手間を省略できると思っております。

定款に設立時役員を定めるという前提であれば、概ね次の手順で手続を進めることは可能です。
(1) 設立時役員に関する条項がブランクの状態で、公証人から事前確認を受ける。
(2) 事前確認でOKを得た後、設立時役員を定め、定款を確定させる。
(3) 定款に設立時役員を記入し、定款認証を受ける。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com