一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

ある一般社団法人で選挙による社員選出に関して、2種類の社員が存在することは違法ではないのでしょうか。

一つは地方単位で選ばれる社員、立候補の条件は一般的なものです。当選後の条件はありません。

もう一つは県単位で選ばれる社員です。立候補の条件は同じですが、当選後はその県の支部長を任命されることになっています、拒否もできません。

つまり同じ社員でありながら片方は当選後の条件が付けられています。この条件によって社員として立候補しようとしても、支部長を務める義務で制限されます。

以上宜しくお願いします。

一般社団法人は、社員の資格を取得する手続を複数定めることについては禁止されていないので、認証を受けた定款に従って社員の資格を付与している限りにおいては、基本的に問題ありません。

社員を支部長とすることについては、支部長が理事ではなく、また社員の資格を取得するとともに支部長に就任する旨が定款等で明示されていれば、問題ありません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com