一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

一般社団法人で理事で社員(従業員)をしている場合、役員報酬を支給するか、従業員として給料を支給するかになると思いますが間違っていますか?

役員にもかからわらず、
従業員部分があるのは税法上まずいので、定額にということを言われたのですがどちらが正しいか教えておしくて相談させていただきました。

一般社団法人の業務に従事する理事に、その対価として給料のような形で支給する金銭も、役員報酬に該当することとなります。
(役員給与と呼ばれることもあります。)

なお、役員報酬を法人税額の計算において損金に算入したい場合、毎月一定額を支給するようにするなど、基準を満たす必要があります。
具体的な内容は、国税庁の次のページに紹介されております。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5211.htm

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com