一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

理事会設置型の一般社団法人を設立するために、世話人会を開催して設立時社員、設立時役員(理事・監事)を定め、同時に理事から代表理事を選出して定款に記載予定です。この場合、定款認証後に法人登記する際は決議書や就任承諾書は不要になるのでしょうか?また、上記の世話人会での議事録への押印には各自の認め印で十分でしょうか?

設立時理事・監事の就任承諾書は、次の全てを満たしている人については、作成を省略することができます。
・設立時役員を定款で選任している。
・設立時役員に就任する人が、設立時社員でもあり、定款に記名・押印している。

設立時代表理事の就任承諾書は、設立時代表理事選定決議書に、被選定者が就任を承諾した旨が記載されており、かつ決議書への記名押印において実印押印している場合には、作成を省略することができます。
なお、理事会設置法人の場合、設立時代表理事は設立時理事の過半数を持って選定する必要がありますため、決議書の作成は省略できません。

「世話人会」については、特に法規定はありませんので、記名・押印に実印を用いるべきかどうかについても、任意に定めて頂いて構いません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com