一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

非営利型の一般社団法人として登記する場合、「剰余金の分配を行わないことを定款に記載する」という要件がありますが、一方で、一般社団法人が雇用している従業員に給料を払ったり、理事に役員報酬を払うことは問題がないともありました。つまるところ、「設立時社員」に該当する人に剰余金の分配を行わなければ非営利型の要件を満たす、という認識でよいでしょうか?

従業員に賃金を支払うこと、社員総会で定めた基準等に従って役員報酬を支給することは、いずれも、基本的に剰余金の分配には該当しません。
これらは、労働ないし職務の対価であり、法人の規則や労働法令、労働契約等により、剰余金の有無等に関わりなく、法人側に支払義務が生じるものということになります。

なお、剰余金の分配を行った場合、その分配先が設立時社員であった者以外であっても、非営利型法人の条件を失うこととなります。

ありがとうございます。追加で質問させてください。
「剰余金の分配」は人に分けること以外は当てはまらないと考えてよろしいでしょうか?
剰余金は設備投資や社内に蓄えておけば非営利法人の要件を満たす、という認識でよいでしょうか?

剰余金を、そのまま法人内に蓄えておくことや、設備投資資金に充てることなどは、いずれも剰余金の分配に該当しないため、問題ありません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com