一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

設立する団体は、収益事業も行うのですが、基本的に会費で賄います。一般社団は公益的な要素が定款に記載され運営されれば、事業収入以外は税金がかからないと聞きました。であればNPOと同じ。NPOも事業収入は申告する。等々からNPOにするか一般社団にするか迷っています。基本的なこの両者の違いは何でしょうか。NPOは設立申請時には費用がかからないようですが、一般社団は公証人役場、登録料費用がかかってしまうので、同じであればNPOが良いかなと思いますが。宜しくお願いします

制度面からの違いを申せば、NPO法人は法で特定非営利活動として定められた活動を行い公益に資することを目的とする市民団体を法人化させる制度であり、一般社団法人は営利(利益配当)以外のことを目的とする団体を広く法人化させる制度です。

実務的な違いは、概ね次のとおりです。
・登録免許税(登記費用)
 NPOは非課税、一般社団法人は課税
・法人住民税
 NPOは減免対象、一般社団法人は多くの地域で減免対象外
・行政からの監督
 NPOは所轄庁に事業報告義務あり、一般社団法人は行政の監督を受けない

もし、法人の設立や運営に要する費用(得に税金)を有利にしたいとお考えであり、またNPO法人に義務付けられている事業報告に関する事務が運営のネックにならないのであれば、NPO法人の方が有利でしょう。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com