一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

 私は、1年後を目途に、現在の会社を退職し、独立して訪問型の医療マッサージ業(フランチャイズ加盟)を営むことを検討しています。
 この際、非営利型一般社団法人の認定を受ければ、税金面で宗教法人と同様の優遇措置が受けられるとの話を聞きました。
 申請にあたっては、理事を最低3人(親族は1/3以内)置くなど制約があることも教えられましたが、実際、事業に関わらない名義上の理事は定款にのせることは不可能でしょうか? また、手続き面はどうしたらよいのでしょうか? さらに、認可されるのは、かなりハードルが高いのでしょうか教えて頂ければ幸いです。

一般社団法人が法人税法上の非営利型法人に該当するかどうかにつきましては、どこかの機関から認定や認可などを受けるわけではなく、法人自らが判断することとなります(自己判断)。
自己判断により、非営利型法人の条件を満たしていると判断したなら、非営利型法人として経理処理や法人税計算などを行うこととなります。
(なお、地域によっては、都道府県や市町村への法人設立届の際に、非営利型法人である旨を届け出ます。)

理事につきましては、事業に関わらない理事(業務執行権を有しない理事)がいても、特に問題はありません。
理事会に参加するなど、最低限業務執行に関する意思決定に参加していれば、それで職務を果たしていることとなります。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com