一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

初めてお伺いさせて頂きます。

将来的に公益社団法人設立を視野に、平成24年9月21日付で任意団体から一般社団法人化しましたが、この度 定款変更を行うことになりました。
初めての定款変更かと思いましたが、以前に1度変更していた経緯があり、様々な疑問が発生しましたので、初歩基本的なことを含めご教示願いたく、宜しくお願い致します。

①「認可行政庁はありません」と聞き及んだ事もあるのですが、一般社団法人は法務局への登記後に『認可証』の様な証明書等が、主務官庁から発行されたりするものなのでしょうか?自分なりに調べてみたところ内閣総理大臣もしくは県知事から発行されるとの記述も閲覧したことがありますが、当団体には存在しません。
登記後の流れをご説明いただければ幸いです。

②設立時の定款は公証役場での認証を経てから法務局での登記となりますが、定款変更についても公証役場の認証は必要ですか?また、変更登記の必要性がなければ法務局への提出も必要ないのでしょうか?

1.一般社団法人の定款変更は、社員総会の決議のみで有効となります。行政からの認証等を受ける必要はありません。
 手続きとしては、社員総会で定款変更を決議したならば、登記事項となっている条項が変更された場合には変更登記手続きを行う、税務署等への届け出た事項が変更された場合には異動届を提出するといった程度です。(許可等を要する事業を行っている場合には、さらにその許可に係る定款変更届などが必要な場合もあります。)

2.定款変更については、公証人の認証は不要です。
 登記事項が変更されていなければ、法務局での変更登記手続も不要です。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com