一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

任意団体から一般社団法人への設立準備を行っています。
現在、会員が1,000名ほどおりますが、できるだけ事務作業を効率化しスムーズに会員の移行を行うことができないかと考えています。
懸念しているのは、任意団体を一度解散し、新たに入会の手続きを踏むことになると、事務作業も増え、尚且つ退会してしまう会員も増えるのではないかと心配しています。

解散→一般社団法人として再結社という手順を踏まれますと、現在の任意団体と設立する一般社団法人とが異なる団体という扱いになりますので、任意団体を解散させる必要がある場合を除けば、この手法はあまりお勧めできません。

任意団体の法人化では、現在の任意団体の規約等を法人に関する法律に沿ったものに変更し、法人設立登記を行うという、いわゆる「法人成り」の手法で行うのが一般的と存じます。
法人成りの手法を用いれば、団体としての同一性が法人成立前後で保たれるため、任意団体の構成員や保有財産も原則として成立後の法人に帰属することとなります。
貴団体でも、法人成りの手法で一般社団法人として法人格を得られるよう動かれるのが良いでしょう。

法人成りの手順としては、現在の規約の内容にもよりますが、一般的には次のとおりとなります。

1.任意団体において、規約の変更と一般社団法人として法人成りすることを決議する。
2.一般社団法人設立手続の業務にあたる設立時社員を数名程度選出する。
3.設立時社員によって、一般社団法人設立手続を進める。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com