一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

はじめまして。
社団設立を考え、サイトを毎日拝見させて頂いております。
大変勉強になるサイトをご提供いただき、ありがとうございます。

基金に関して質問が御座います。
設立する際の費用(定款認証手数料・登録免許税・印鑑証明書交付手数料・代表者印の代金)は、基金にあたるものなのでしょうか。
私が発起人なのでこの程度の金額なら個人的に捻出しても良いのですが、出来るならば設立後の法人に返してもらいたいと思います。

基金に充てられる場合、定款の記載の仕方や経理の計算の仕方など教えて頂けないでしょうか。
もしくは基金にしなくても、私個人が立て替えるだけで実質負担をしなくても済む方法はあるのでしょうか。

アドバイス頂ければ幸いです。
お忙しい中お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いします。

法人の設立費用については、単に法人の費用とする(いわゆる立て替え払いという扱いにする)ことも可能です。
また、通常は基金制度を用いず、単なる立て替え払いとして処理します。
この場合、法人の設立時に作成する貸借対照表において、創立費(資産の部>繰延資産)と未払金(負債の部>流動不参)に、立て替え払いした人に返すべき金額を計上します。

設立時貸借対照表のサンプルは、次のページに紹介しております。
http://ishs.office-segawa.com/601.html

後に法人から立て替えた分を返してもらったら、法人側では、未払金をゼロにします。
また、繰延資産に計上した分は、5年以内の期間で償却(損金化)します。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com