一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

7年間、青少年育成のための任意団体としてNPO活動を行ってきました。
現在、行政の教育関連施設の指定管理へ応募しよう準備しているのですが、法人化が要件になっております。
そこで、NPO法人での立ち上げを考えたのですが、一般社団法人が設立までの時間がかからないので、どちらでやればいいのか迷っています。
いろいろ勉強していますが、なかなか整理ができません。

この2つの大きな違いや、維持管理費用などの面でのメリットなど、アドバイスを頂ければと思います。よろしくお願いします。

単に指定管理者となるだけであれば、どちらでもよろしいかと存じますが、青少年育成活動の方面で行政との関わりが生じるならば、可能であればNPO法人とされることをお勧めします。
NPO法人は、行政側から特別視される傾向にありますので、活動上有利と考えます。

NPO法人は、一般社団法人と異なり、法人住民税の減免を受けることができるほか、認証費用、設立登記費用がかかりませんので、費用面でも有利です。
その代わり、行政の監督を受ける(事業報告義務がある)こととなりますが、普段から適切に事業の記録や経理業務を行われれば、それほどの手間にはなりません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com