一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

設立時役員について
定款案を同窓会総会で承認を受けた後、登記する役員はいつどのようにして選任すればいいのですか?設立時社員から選ぶのですか?

一般社団法人の設立手続きにおいて、設立時役員の選任は、次のいずれかの方法で行います。

(1)定款で選任(定款に、設立時役員を記載)

(2)定款認証手続が完了した後、設立時社員の決議によって選任(設立時社員の決議書を作成し、そこに設立時役員を記載)

任意団体の法人化では、(1)の方法で選任するケースが多いかと存じます。


設立時役員は、設立時社員以外の人を選任しても構いませんが、同窓会などの共益団体の場合、設立時社員の中から選任するのが一般的かと存じます。

ありがとうございました。

定款で社員40~50人とした場合、設立時社員もその人数にして登記しないといけないのですか?

ご相談にある規模の任意団体の法人化では、手続きを円滑に進めるため、主要なメンバー(例えば役員など)数名程度を設立時社員として手続きを行い、他のメンバーは法人化後に半ば自動的に社員となるよう扱うのが、一般的かと存じます。

なお、設立時社員は登記されません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com