一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

資金10億円程度で、2人で一般社団法人を設立予定です。資金はひとりで負担します。
設立後は、事業内容から利益を出して法人を維持することは難しいと予め承知しています。基金は返却するものとありましたが、資金が枯渇して返却できない場合、貸方に「基金」が残ったまま解散となるのでしょうか? 基金を設定しない場合は、設立時の貸方の勘定科目は拠出者からの「貸付金」「預託金」みたいなものでしょうか?

基金は、基金の返還時期が到来した場合でも、十分な純資産がなければ、法律上、全額の返還ができないこととなります。
基金は、計算書類においては、純資産の部に計上しますが、そこに未返還分が残ることとなります。

設立当初の財産を、基金以外の方法で拠出する場合、貸付金という形で拠出する方法が一般的かと存じます。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com