一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

一般社団法人設立を検討しています。
社員である普通会員は組織会員と個人会員を想定しています。
その場合、定款ひな型では個人会員は原則、終身会員となってしまいます。これを任期付き、具体的には代表理事の任期とあわせる(代表理事の任期をもって自動退会、ただし再任を妨げない)とすることは可能でしょうか。
よろしくお願いします。

社員の資格について、期限を設けること自体は、法律に禁止する規定が見当たらないため、可能と考えます。
この期限は、社員の資格喪失条件の一つとなるため、定款で定める必要が生じます。
また、期限満了時に社員資格を更新できることとされる場合には、社員の資格の取得条件の一つとなるため、このことについても定款に定める必要が生じます。
なお、社員全員が同じ日に社員資格の期限を迎えることとなる場合、理屈上、社員数がゼロとなってしまい、法人が解散することとなっていまいますので、これを避ける策を定款に盛り込む必要も生じるでしょう。

定款にこれらのことを盛り込んだ法人は、おそらくかなり少ないと思われますので、定款認証手続きは、一般的な定款と比べ少々手間取ることになるのではと思います。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com