一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

初めまして!
一般社団法人設立に向けて準備しておりますが、1点変則的な状況があり、ご相談したく連絡致しました。

代表理事になる人(日本人)が海外にいる場合で定款提出時と登記時の必要書類に関する質問です。

◆質問
個人実印が必要になる箇所は「全て手書き」で名前を書き、海外にある領事館でもらうサイン証明書(割印なし)を添付すればOKなのでしょうか。
公証役場からは割印なしでOK、法務局からは「理想は割印あり(就任承諾書に)でほしい」と言われました。ということは割印なしでもOKということでしょうか。
例)定款、設立者の記名、委任状(定款と登記)、就任承諾書など

他に代表理事になる者が海外にいる場合で注意点など御座いましたら、ご教授願えればと存じます。

以上、よろしくお願い致します。

実印が必要となる書面については、基本的に、署名し(手書きで名前を書き)、領事館で交付されるサイン証明書を添付することとなります。

署名による契印(割印)が必要となる書類は、おそらく定款のみと思いますが、袋とじにされると、比較的楽に書類の作成ができるのではないかと存じます。
袋とじの方法は、次のページに説明がございます。
http://www.k-kosho.jp/d1y.html

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com