一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

はじめまして。お世話になっております。

理事会を設置しない一般社団法人を設立する予定です。
構成は、(代表)理事1名(A)、社員2名(A,B)です。

Aさんは、設立時海外居住者(外国籍)であり、設立後も海外で携わる
予定です。日本国内での設立手続きは、Bが代わりに行う予定ですが、
可能でしょうか。

可能の場合、Aさんにあらかじめ用意してもらうべき書類は、
・定款認証時:委任状、(居住国発行の)印鑑証明書、定款への押印
・法人登記時:(居住国発行の)印鑑証明書、その他必要書類への押印

でよろしいでしょうか。

不可の場合、

・Bも理事(兼社員、Aは理事のまま)になることで、上記書類でBが
 代理で対応することは可能になるか。
・不可の場合、Aさんに来日してもらうか、司法書士を代理人に立てる
 といった方法になるのか。または、それ以外の方法があればご教示い
 ただけますでしょうか。

理事が代表理事1名のみで、その代表理事が外国籍・海外在住の場合でも、一般社団法人を設立することは可能です。
Aさんに用意してもらう書類は、お書き頂いたもののほか、印鑑証明書を日本語に翻訳したものが必要になるかと存じます。
また、念のため、定款認証手続を行う公証役場と、設立登記手続を行う法務局に確認されることをお勧めします。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com