一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

始めまして、
理事会を設置しない一般社団法人(非営利の共益法人)の設立を考えてます、
印鑑証明書の事で分からない事が有ります。
法務局へ申請する際に提出する印鑑証明書ですが設立時理事全員の印鑑証明書が各1通ずつ必要と記されてます、
公証人役場で定款の認証を受ける際も設立時理事の印鑑証明書が必要の事。
つまりは理事一人に付き印鑑証明書は2部必要なのでしょうか?

ご多忙と察しますがお応え頂ければ幸いです。

理事会を設置しない一般社団法人の設立において、設立時社員であり設立時理事に就任する人については、印鑑証明書が、定款認証手続で1通、設立登記手続で1通必要となりますので、都合2通必要ということになります。

なお、公証役場によっては、印鑑証明の還付(返却)に応じている所もありますので、そのような公証役場を利用される場合には、1通でも手続を行うことができます。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com