一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

現在、昨年9月に立ち上げた福祉関係の一般社団法人の中に不動産業(その法人の登記上に不動産業は入っている)を設立しようと考えています。
その不動産業を行う者は法人の理事・幹事・社員ではありません。
ただし、その法人は現在赤字のため休眠中です。

そのため、仮に不動産業での収入が大幅に増えた場合、
①報酬は法人へ帰属されるのか
②理事・幹事・社員に分配されるのか
③その不動産業を行う者への給料は固定される(つまり勝手に金額を決められない)
④不動産での収益を不動産部門のみに帰属することはできないか

調べてみましたが、このような例はないようでした。

あくまで、ここでの不動産業はこの法人を抜けて独立するための一時的な事業と考えております。

お忙しいところ、申し訳ございませんがご回答のほどよろしくお願い致します。

1.
不動産業の収入は、不動産業を行っているのが法人である以上、法人の収入となります。

2.
一般社団法人は、社員への利益分配はできません。
役員への役員報酬支給は、社員総会の決議を経れば可能です。

3.
通常は、労働契約や就業規則、賃金規定などに基づき賃金が支給されることとなります。

4.
不動産部門における損益計算を行うなど部門別会計を行うことは可能です。
なお、通常通りの法人全体の損益計算も行わなければなりません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com