一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

解散時の財産についてなのですが、定款に特別定めていない時には社員総会で決めることができると聞きました
定款に特別定めていない場合、借金などを精算し手元に残った財産(現金や不動産等)を社員総会で代表に渡すと決めれば、残った財産は、代表の物になるのでしょうか?
一般社団法人は、解散時、財産を寄付しなければ
ならないというようなことも聞き、どちらが正しいのか教えてください
よろしくお願い致します

残余財産の帰属先は、定款に定めていない場合には、社員総会の決議によって定めることとなります。
この場合、解散時に代表理事であった者など、特定の個人に帰属させる旨を決議することも可能です。

「寄付しなければならない」につきましては、おそらく非営利型法人の場合や公益社団法人の場合のことをおっしゃってるかと推測しますが、これらの場合には、当然そのことが定款にうたわれておりますので、定款の定めに従うこととなります。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com