一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

任期団体から、一般社団法人への移行を検討しています。

定款必要記載事項に「設立時社員の氏名、又は、名称及び住所」があります。

会員(設立後法定上の社員)がすでに200名ほどいるのですが、200名すべての氏名、住所が必要でしょうか?

それとも、設立者として、2名以上を特定して、記載することが可能でしょうか?

任意団体から一般社団法人に法人成りする場合で、社員が多い場合には、中心的な社員(役員就任者など)数名程度を設立時社員として一般社団法人設立に係る手続を行うのが一般的です。
2名程度を設立時社員として手続を行い、その他の社員には法人成立とともに法律上の社員の資格を付与するという扱いとされて、問題ありません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com