一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

個人で届出をしようとおもいます、定款に主たる住所の番地まで記入し、役員は4名、全員設立時社員で代表理事、執行理事、理事、監事として定款に氏名、住所の明記をしました。この場合、法務局へ提出する書類は、定款謄本・CD-R・代表者の印鑑証明書。以上3点でよいのでしょうか。
役員承諾書や住民票は、定款記載事項を援用するでよいのでしょうか。
アドバイスよろしくお願いいたします。

お書きになった役員構成から、理事会設置法人と思いますので、その前提でお答えします。
設立時社員が設立時理事・設立時監事に就任する場合には、その就任承諾書は、基本的には省略可能です。
また、設立時代表理事選定書に被選定者が就任を承諾した旨が記載されており、かつ被選定者が実印を押印した場合には、設立時代表理事の就任承諾書も省略可能となります。
なお、設立時代表理事の印鑑証明書、その他の設立時役員の住民票は、省略はできません。

法人の機関構成や、書類の記載内容により、必要書類や省略可能書類が変わってくる可能性もありますので、事前に管轄の法務局に確認をされると確実でしょう。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com