一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

現在、任意のスポーツ団体を運営しています。
練習場所に学校のグランドをお借りしていて、人数が多くなってきた事もあり市より、非営利の法人化を進められました。現在は私と妻ともう一人でやっています。
会費1人月3000円を約100名から集めていますが、そこから経費等をやりくりしているのですが、正直それほど余裕がありません。
会費等のみの収入の場合、法人税等はどうなるのでしょうか?
法人化した場合、今後は大会運営等を検討していますが、その辺も非営利の形で出来るかも重ねて相談出来ると嬉しいです。

非営利型法人の条件を満たす一般社団法人には、法人税は、法人税法上の収益事業所得にのみ課税され、それ以外の収入は課税対象外となります。
スポーツチームの運営や、スポーツ教室の開催などは、通常は法人税法上の収益事業に該当しないため、おそらく会費収入には法人税が課税されないのではないかと推測します。
一方、スポーツ大会を開催して、観戦者から入場料等を徴収する場合には、収益事業のうち「興行業」に該当するケースが多いため、おそらくこの収入は法人税の課税対象となるのではないかと推測します。
収益事業に該当するかどうかの線引きが難しいケースがありますため、念のため税務署に確認されることをお勧めします。

法人税以外の税金につきましては、多くの地域では、非営利型法人である一般社団法人でも法人住民税(年額7万円)が課税されます。

回答ありがとうございます。
現在、当方は掛け持ちで仕事をしていて、もう一つの仕事の方で市県民税を納めていますがそれとは別に法人の住民税が掛かるのでしょうか?

法人には、法人の役員や従業員が個人として住民税が課税されているかどうかに関わらず、法人住民税が課税されます。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com