一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

一般社団法人を設立後、公益社団法人を目指すために、
「残余財産は国等に帰属する」と定款に記載しよと考えています。

親族から株式を基金として入れてもらい、配当を運営資金として活用する予定です。
解散時の残余財産とは、
基金として入れてもらった株式を返却後の残った財産が残余財産であるという
考え方で問題ないでしょか?

宜しくお願いします。

残余財産とは、清算(債権の回収、資産の売却、債務の返済など)が終わり、さらに基金の返還を行った後に残った財産のことをいいます。

そのため、『返却後の残った財産が残余財産』というご認識で問題ありません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com