一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

一般社団法人の設立を考えております。
現在、メンバーは代表理事1名、理事3名、監事1名でスタートを考えていました。
1.一般社団法人では社員を2名置かなければならないと言う事ですが、理事が社員を兼任する事は出来るでしょうか。
又は、代表理事1名、理事1名、監事1名、社員2人という構成に変更をしなければならないでしょうか。

2.現在、我々は一般社員(会員)に議決権を持たせずに、理事会のみで運営をしようと思っておりました。賛助会員の様な位置づけで、運営をしようと考えていましたが、それは可能でしょうか。

3.監事をおいて理事会だけで、決議決定を行えますでしょうか。

報酬について御教示下さい。
我々の組織は、セミナー等開催をプロジェクトベースで考えておりまして、代表理事、理事、監事共に、そのセミナーの講師を務める事もあり、プロジェクトとして、7割~8割を講師にお支払いをして、2~3割で組織を運営をして行くつもりでした。

1.代表理事、理事、監事が不定期な講師料としての、報酬をもらう際、定款等に記載する必要があるでしょうか。

2.事務等も持ち回りで行う予定で御座いましたが、その際の作業に支払う金額(月5,000円程度の少額ですが)それらの規定も定款にのせる必要が御座いますでしょうか。

上記を御教示頂けましたら幸いです。

宜しくお願いいたします。

Chika

(前半について)

1.
社員を理事や監事に選任する(社員が役員を兼ねる)ことは、特に問題ございません。

2.
社員の資格と会員の資格を別個のものと位置づけ、会員には社員の資格を付与しないようにすれば、会員は議決権を持たないこととなります。
なお、一般社団法人は社員総会を必ず置かなければなりません。理事の全員が社員である場合であっても、理事会は理事会として、社員総会は社員総会として開催する必要があります。

3.
理事会の権限に属する事項は理事会で決議できますが、社員総会の権限に属する事項は、社員総会で決議しなければなりません。

(後半について)

1.
理事が講師を行った場合の講師料については、定款に規定してもしなくてもどちらでも構いません。
定款に規定しなかった場合には、社員総会で報酬額を定めることとなります。

2.
理事の事務作業の対価についても、定款に規定してもしなくてもどちらでも構いません。
定款に規定しなかった場合には、社員総会で報酬額を定めることとなります。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com