一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

初めて質問させていただきます。
よろしくお願いいたします。

任意団体でしたが、昨年末に一般社団法人(非営利型)として登記をしました。
法人成りという形になるかと思います。

ただ登記はしましたが、実際の事業は、事業年度末の3月31日までは任意団体として活動し、4月1日から一般社団法人として事業を開始しようと考えております。とすると今年度の決算書は任意団体として作成し、来年度の決算書は一般社団法人として作成することになるかと思いますが、このようなやり方は問題でしょうか。

ただ市と県税事務所へは登記後設立届を提出しています。
法人市民税の減免申請のため、一般社団法人の決算書を提出する必要があるのですが、そうすると上記と整合性がとれなくなると思います。

やはり登記日を事業開始年度とするのが正しいのでしょうか。

素人の集団のため非常に不安です。

ご多用のところ大変恐縮ですが、ご教示いただければ幸いです。

法人成りの場合、基本的には、法人成立日前後で計算を分けることとなります。
具体的には、法人成立日の前日までの間について一旦決算を行い、法人成立日以降については新たな事業年度として経理処理を行うこととなります。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com