一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

今回 一般社団法人を設立しようと考えています。

 私の趣味の映画鑑賞で知り合った人(83歳)が、映画記者を通じて集めた貴重な映画資料の保存・継承を考えています。

 現在 その人(理事)、そして手伝いの人(社員)が私むくめて2人 しか
いません。 人集めもこれからです。 まずは3人で設立を検討しています。

 一般社団法人 設立に関4点をし質問させてください。

 質問事項:

1、定款の中で、理事と社員の違い、

2、企業・国からの支援金をもらっつたばいいの経理上の扱い方法
  
3、現在所有している映画資料を法人として活動費用のため売却時の
  経理処理方法、

4、理事・社員人数増加時の申請等
              以上
よろしくお願いいたします。
 

1.理事とは、業務の執行に携わる人のことをいいます(株式会社の取締役に相当)。
 社員とは、法人の構成員で、法人の最高機関である社員総会で議決に参加する人(又は法人)のことをいいます(株式会社の株主に相当)。

2.支援金を受け取った場合には、一般的には受取寄付金などとして計上します。

3.おそらく資料等の売却は、経常的に行われるものではないと思いますので、売却益などとして計上することとなるかと存じます。

4.理事を増員した場合は、法務局に役員変更登記申請を行います。
 社員については増減等があっても、特に手続は必要ありません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com