一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

一般社団法人を設立したばかりで、ご質問です。

●会員制度についてですが、
議決権のある正会員と議決権のない賛助会員を設けておりますが、
その会費について、一口いくらまで、一人一口まで、などという制限はありますでしょうか、
NPOではあると聞いたことがあります。

●出資金については、必然的に、
基金に該当するという考え方でよろしいでしょうか。
(必ず返済義務がある)

●また、寄付金、基金、会費をいただくにあたり、必要書類は下記の認識であってますでしょうか?
・寄付金→申込書
・基金→契約書
・会費→申込書

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

会費については、特に法律上の規制はありませんので、貴法人のしかるべき機関の決議を経ていれば、どのように定めても特に問題はありません。

出資金とおっしゃる財産につきましては、貴法人がその財産をどのような名目で受け入れたかに従って、取り扱うこととなります。
基金として受け入れたのであれば、返還義務を負うこととなります。
寄付金として受け入れたのであれば、基本的に返還義務は負わないこととなります。

基金を受け入れるに際しては、法人と基金拠出者の間では、概ね次のものを作成することとなります。(ただし、基金拠出者が募集基金の全額を引き受ける場合には、これらの書面は不要です。)
・申込時:基金引受申込書(基金申込者が法人に提出)
・割当て時:割当通知書(法人が基金申込者に提出)
・基金の返還時期が拠出者と合意した時期とされている場合には、必要に応じ合意書

寄附や会費に係る書面につきましては、貴法人が定めた規則によることとなりますが、いずれも申込書によって処理されて問題ないでしょう。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com