一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

お世話になります。

一般社団法人の設立を検討しており、運営には一般の方々や法人から「会費」を徴収してサービス(月報を作成送付、勉強会に招待など)を提供する形を考えております。

また、受講料を徴収し、「資格」認定も考えております。


上記のようないわゆる資金繰りに係る内容は、定款や謄本などに記載が必要となるのでしょうか。
また、必要な場合はどのように記載すべきかをお教えいただけましたら幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

社員から会費等を徴収して法人運営費用に充てる場合には、社員が経費を支払う義務を負う旨を定款に規定する必要があります。
記載例は、次のページに紹介しております。
http://ishs.office-segawa.com/224.html

なお、会費納入義務を負うのが社員ではない場合には、特に定款に規定する必要はありません。

受講料については、サービスの対価ということになりますので、定款に規定する必要はありません。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com