一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

設立時社員について、ご相談させて下さい。

株式会社の代表をつとめている方に設立時社員になっていただくのですが、
個人名でなっていただく場合と、会社名義でなっていただく場合と、
どのような違いがありますか?

その方の事業にとってメリットの面からお教えいただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

設立時社員は、法人成立後は一般社団法人の社員となりますので、「社員の権限を誰が行使できるか」が変わってきます。
個人で設立時社員となった場合には、その人個人の考えで社員としての権限を行使できることとなります。
法人で設立時社員となった場合、法人の意思として(例えば株主総会や取締役会の決議結果をもって)社員の権限を行使することはできますが、経営者個人の自己判断のみでは社員の権限を行使することはできないこととなります。

設立する一般社団法人が事業者団体のようなものである場合には、株式会社として設立時社員となるのが自然でしょうが、特にそういった事情がなければ、個人が設立時社員になるのが一般的には無難です。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com