一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

3月に創立した個人事業を7月に一般社団法人にしました。
この度、有料職業紹介事業を取得したく、要件を確認したところ、基準資産が500万必要とありました。
法人のWEB費用、買取のコピー機などで基準資産ができるところです。

設立時の貸借対照表を提出しなければなりませんが、「設立時」とは、登記日のことでしょうか?
登記した日には、法人口座も当然できておらず、現金はない、ことになるのでしょうか?それだと、どこの法人も設立時には、ないことになりますが。
全く知識がありません。教えて頂けると有難いです。
よろしくお願いします。

設立時の貸借対照表は、ご質問に則して申せば、法務局に設立登記申請書類を提出した日における貸借対照表ということになります。

法人成立日においては、法人の銀行口座が無いこととなりますが、そのような場合でも、法人成立とともに法人に財産を持たせることは可能です。
一例としては、法人成立前の時点で基金募集の決定を行う方法が考えられます。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com