一般社団法人設立手続 HOME > 一般社団法人設立無料相談掲示板

法務局への登記申請書類を作成しておりますが、設立時のメンバーについてご教示ください。

登記申請書には「設立時社員」のほか「設立時理事」「設立時監事」などの位置づけが出てきますが、理事会を設置する法人ですので、この場合は設立時の理事や監事というものは不要と考えてよろしいでしょうか。

また設立時代表理事選定書もありますが、実際設立時ではなく代表理事として選任される形です。
様式上の名称に従って作ってから申請してよろしいのでしょうか。

「設立時理事・設立時監事」とは、分かりやすく申せば、法人成立とともに理事・監事に就任する人のことをいいます。

少々細かいことを申せば、「設立時理事・設立時監事」は、設立時社員によって選任された後、法人成立までの間、法人設立手続における諸権限を有する法定機関になります。
登記申請書に添付する書類の多くは、法定機関として決定等を行ったことを証明するために作成することとなりますので、書類作成においては法律通りの機関名(役職名)を称することとなります。

追加相談する

追加相談の内容

相談時のメールアドレス:

Page Top

一般社団法人設立インターネットサービス

お手頃費用の一般社団法人設立サービス。全国対応。

  • 関東: ¥40,000
    神奈川, 埼玉, 千葉, 東京, 茨城, 栃木, 群馬, 山梨
  • 書類作成: ¥20,000
    (全国一律)

sis.office-segawa.com

一般社団法人設立書類自動作成システム

一般社団法人の設立に必要な書類のすべてを、ウェブ上でデータを入力するだけで、簡単に作成できます。

まずは無料でお試し下さい。

isas.office-segawa.com